FX取引で「勝ち」を徹底するために

FX海外FXは通貨を銘柄にし、少ない資金で大きな利益を得られる仕組みなどが用意されていることから、初心者からベテランまで、多くの投資家が取引きを行っています。
投資取引であるFXにはその目的はやはり「資産を増やしていく」という事にあると思います。資産を増やすためには、大きな利益を出すことも大事ですが、それよりも大切なことがあります。

それは、損失を小さく抑える事、になります。損失が小さく抑えられれば投資資金を長く使えますし、資金を長く使えれば取引回数が増やせるために、利益を得るチャンスを増やすことができます。
こうして長い期間で投資を繰り返し、自分の資産が増えていればその投資は「勝ち」になる、というのが投資取引での勝利となります。

FXは、為替レートを相手に取引きをしていますので、利益を大きくすることは難しいですが、損失をすぐに取り込んで小さく済ませることは、誰にでも簡単にできます。
多くの投資取引は利益と損失が常に隣りあわせとなっているために、利益を求めることが、そのまま損失を招くことにもつながっていきますので、この損失を小さくすることが相対的に利益を大きくすることに繋がるのです。

FXでは通貨を売買して保持した状態を作ります。これを「ポジション」といい、このポジションに為替レートを利用して評価損益が発生させ、これを決済することで利益や損失を確定させていきます。
FXではこのポジションを持っている状態が一番にリスクが高まるため、投資を成功させるためには、このポジションをいかに効率よく取って、無駄なポジションを避けるか、という事が関わってきます。

投資に慣れてきた中級者は、ある程度自分の力で利益を出せるようになった油断から、しばしばポジションを多く長くとるという傾向があり、時に考えられないような大きな損失を背負ってしまうことがあります。
こうした中級者が、万が一大きな損失を背負ってしまった場合が、実は一番に悪い方向へと進んでいってしまいます。

一般的に、こうした大きな損失を背負うと、一度は大きく落胆しますが、自分の能力や実績にある程度の自身がある中級者では、何かの間違いだ、次は失敗はしないという考えに嵌まり、こ損失を取り戻そうとよりリスクの高い取引きを求めるようになっていきます。
本来であれば、落胆した状態で一旦投資から離れ、精神状態の安定化をはかるのが最良なのですが、そうした心理状態にならない時が最も危険な時なのです。

中級者うんぬんでなくとも、投資家をこうした心理に誘う相場状態が存在します。
これは「ボックス相場」や「レンジ相場」と呼ばれるもので、この状態にある為替レートは、上値と下値のある程度決まった範囲内を行ったり来たりするようになります。

値動きが一定の範囲内で安定して動いているように見えるため、簡単に利益が上げられそうに思えてつい取引を始めてしまうのですが、レートが定まらないために予測がなかなか立たず、勝てたとしても利益は小さく、損失が積み重なることが多くなり、つい熱くなってさらに損失を重ねてしまうのです。
ですので、レンジ相場を見かけたときは、逆に危ない相場であると考えて、まずは投資を行なわず、その相場の流れが変わる瞬間に動きだせるように、投資の計画を練っておくのがいいでしょう。



あるトレーダーは、、、

FXというのはギャンブルだなあとつくづく思います。うまくいけば資産がどんどん増えますが、目測を誤るとお金がどんどん減ってしまいます。元の数字になるまで耐えることができる心があればよいのですが、マイナスが増えていくのを見ているとつらくなって仕方なく損切りしてしまうことも多いです。

結局数十分後に損切りする必要がなかったという数字になったのを見るととても後悔します。失敗を繰り返しながら取引上手になっていくものなのかなと思います。