世界の為替をオンライン取引できるFX

sdfsdiほぼ24時間いつでも取引が行われており、トレーダーの都合の良いタイミングで参加することが出来ます。2国間の通貨の組み合わせである通貨ペアには、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円、

カナダドル/円、スイスフラン/円の基本7通貨ペアを中心に様々な種類があります。為替相場は日々変動しておりトレーダーは為替差益を得ることを目的に取引を行います。

bid(買値)とask(売値)が表示されているので買うときも売るときも分かりやすいです。

bid(買値)とask(売値)にはスプレッドという差があり、口座開設するとFX取引ができるFX会社への手数料になっています。

スプレッドはFX会社によってまちまちで、変動・原則固定・完全固定の3つのうちいずれかを採用していることが多いです。変動は重要な指標が発表されるときや早朝の流動性の低い時間帯に大きくスプレッドが広がることがありますが、通常時のスプレッドはこの中で一番低いです。原則固定は広がることはありますが、変動より広がる幅は狭く、通常時は常に一定のスプレッドを保ちます。

完全固定はどんなときでも常に一定のスプレッドを保ちます。一定のスプレッドのほうが取引コストを計算しやすいというメリットがあります。無料でFX会社に口座開設ができますし、キャッシュバックキャンペーンなどが開催されていることが多いので、

変動・原則固定・完全固定と3つとも口座開設しておいて証拠金を入金しておき、相場の状況によって一番有利に取引できるFX会社を使い分けると良いでしょう。

FX取引ではレバレッジというテコの原理を応用した効率のいい投資を行うことが可能です。日本のFX会社では個人口座で25倍までのレバレッジをかけることが出来ます。1倍で1000円の利益を得られるところ、10倍のレバレッジをかければ10倍の1万円の利益を得ることが出来ます。

しかし取引に失敗してしまうとレバレッジの倍率が高いほど大きな損失になってしまいます。証拠金が一定以上減るとFX会社からマージンコールが届き、ポジションを解消するか、追証を入金するかを選ばないといけません。

そのまま選ばずに放置し、証拠金維持率が50%以下になるとロスカットされてしまいます。証拠金維持率はトレーダーご自身で50%から替えることも可能です。効率のいい投資が出来る分、失敗したときのリスクが大きいのでレバレッジのかけすぎには注意が必要です。

インデックス投資

インデックス投資とは、投資信託でよく使用される用語です。
投資と言うと何か特別な思考や勘がある人だけが、儲けるものだと思われがちです。
しかし実際には、論理的かつ慎重な運用をすることは、さほど難しいことではありません。
そこで利用されるのが、インデックス投資という方法です。
インデックスという言葉は、本などの「索引」からきています。
インデックス投資では、日経平均やTOPIXなど市場の指標となるデータと、同じような値動きになるように投資をします。
これによって、大きな利益は出にくい、安定的に利益を得ることができるのです。
インデックス投資の本質をもっと簡単に説明すれば「平均点の成績(利益)を目指ざす投資法」ということです。
とは言っても一般の人が、多くのデータを解析して、しかも多くの投資先に投資をすることは難しいでしょう。
インデックス投資をしようとするのなら、投資信託のインデックス型ファンドを購入することが一般的です。

インデックス投資と反対の投資は、アクティブ投資です。
インデックス型ファンドと対照的なファンドに、アクティブ型ファンドがあります。
アクティブ型ファンドは、市場の平均値よりも上を目指そうとするファンドです。
こう説明すると、インデックス型ファンドよりも有利に聞こえるかもしれません。
たしかにアクティブ型ファンドには、高い利益が得られる可能性があります。
しかしその分、損益を被る可能性も高いのです。
ハイリスク(損益が出る可能性が高い)な投資ほど、ハイリターン(高い利益)であることは、投資の大原則です。

インデックス型ファンドが良いか、アクティブ型ファンドが良いかは、専門家の間でも意見が分かれていて、一概には言えません。
けれども、なるべく大きな損失を出さずに、長期的な資産形成をしようと考える場合には、インデックス型ファンドで運用することをお勧めします。
「インデックス型ファンドでは、大きな利益が望めないからつまらない」という意見も無くはありません。
たしかにアクティブ型ファンドのほうが、希望が大きくて投資のし甲斐があるかもしれません。
けれども長期的に運用した場合、最終的にどちらが大きな資産を作れるかは別問題です。
インデックス投資はコツコツと小さな利益の積み重ねですが、長く投資していれば、最終的にはアクティブ投資に勝る可能性があります。
もう一つ、インデックス型ファンドをお勧めする理由があります。
それはアクティブ型ファンドと比べて、運用手数料が割安なことです。
余資金を「預金よりは有効に使用(運用)したい」と考えている、零細な個人投資家にとっては大切なことです。



あるトレーダーは、、、

FXというのはギャンブルだなあとつくづく思います。うまくいけば資産がどんどん増えますが、目測を誤るとお金がどんどん減ってしまいます。元の数字になるまで耐えることができる心があればよいのですが、マイナスが増えていくのを見ているとつらくなって仕方なく損切りしてしまうことも多いです。

結局数十分後に損切りする必要がなかったという数字になったのを見るととても後悔します。失敗を繰り返しながら取引上手になっていくものなのかなと思います。